じんのじんの『え日記』

いらっしゃいませ。じんのじんです。『え日記』を書いています。え、は只今自学自習中、発展途上につきあたたかく見守ってくださいませ。
あなたも、パソコンで絵を描いてみませんか。  

    
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 渡る世間は鬼ばかり
    みっくみく (08/26)
  • 渡る世間は鬼ばかり
    春野 (04/09)
  • 渡る世間は鬼ばかり
    とろろいも (01/14)
  • 渡る世間は鬼ばかり
    沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】 (08/26)
  • 小菊の花が満開の、今日です。一輪、クレヨンで描いてみました。お子様の絵のようで、はずかしくて。ボクは明日も仕事。よい休日をお過ごしください。
    あおと (12/25)
  • 小菊の花が満開の、今日です。一輪、クレヨンで描いてみました。お子様の絵のようで、はずかしくて。ボクは明日も仕事。よい休日をお過ごしください。
    へ? (05/09)
  • 小菊の花が満開の、今日です。一輪、クレヨンで描いてみました。お子様の絵のようで、はずかしくて。ボクは明日も仕事。よい休日をお過ごしください。
    yuri (11/21)
  • 愛妻の日
    キーE璽 (08/05)
  • レトリックのおけいこァ悗気い靴腓蓮
    マリオ (04/23)
  • 小菊の花が満開の、今日です。一輪、クレヨンで描いてみました。お子様の絵のようで、はずかしくて。ボクは明日も仕事。よい休日をお過ごしください。
    いち (02/01)
RECENT TRACKBACK
おきにいり
ペンタブレット
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
『小さいことにくよくよするな!』 悪戦苦闘・ぼくの実践記・その四
咲く?咲かない?咲くとき

昨日、花瓶に活けたツボミの菊、ぜったい咲かせて見せる、とブログに書いたら、自称庭いじりの名人さんから早速メールが来た。やはり、咲く寸前のツボミならともかく、固いツボミじゃ厳しい、と。家人と同じ意見。う〜ん。

←10/21曇り空、今日のツボミ


『小さいことにくよくよするな!』 
●007● 人の話は最後まで聞こう
わが家人 「あなたって、ほんと、人の話最後まで聞かないわよね、わたしが喋ってるのに、すぐさえぎる、すぐ割って入ってくる、最後まで人の話し聞きなさい!あんただけに限ったことじゃないけど・・・ほらTVの人気司会者、秋の魚といえば○○○さん、キミどない思う?とゲストに振っておいて、話が盛り上がってきたな、と思ったらまさにその時、喋りたくてうずうずしていたあのお方が割って入る、これってどうよ、ゲストに失礼でしょ?」

「あなたもおんなじ、早く喋りたい、あいつを言い負かしたい、あいつには負けたくない、説得してやる、認めさせてやる、そう考えてるでしょ、人が話しているとき次は何を喋ろうか考えているでしょ、疲れないの??あなたみたいなひとが会議の中に二人もいたら、お互いイライラしない?相手も同じこと考えてるのよ、話してる人はアナタに話しをじっくり聞いてもらいたいの、認めて欲しいのよ、同意して欲しいのよ、おだやかに意見のやり取りをしたいの、それをアナタがさえぎる、あなたの、悪いクセ」

家人のキツイお小言も、いまなら最後まで穏やかに聞くことができます、本当です、本当ですって。

できれば会話を始める前に「じっとがまんするんだぞ」と自分に言いきかせる。相手が話し終えてから口を開け、と自分に命じる。そんな簡単なことで人間関係がどれほどかわるか、一度ためしてみれば、きっと驚くにちがいない。
話しをちゃんと聞いてもらったことで、相手はふっと緊張をほどく。相手をさえぎるのをやめれば、こっちも気持ちが楽になる。動悸も脈拍もゆったりしたリズムになり、なにより会話が楽しめるようになる。


今日の最後に、次の二つの戦略も引用しておきます。

●029● いい聞き手になる
いい聞き手になると忍耐強い人になれるだけではなく、人間関係の質も向上させられる。みんな自分の話をちゃんと聞いてくれる人と話しをしたがるものだ。

●009● 相手に花をもたせる
気のもちようでふしぎなことが起きる。「自分が、自分が」という思いをすっぱり捨てて人に花をもたせると穏やかな気分になれるのだ。
自民党のみなさん、議員年金即時廃止案、きもちよく民主党に勝ちをゆずりましょう。ほら、またあなたの党の支持率が1ポイント上がった、でしょ。

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと
小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと

| 実践記 | 14:30 | comments(3) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP
『小さいことにくよくよするな!』 悪戦苦闘・ぼくの実践記・その三
 咲く、咲かない、咲くとき
東京地方にも、やっと青空。でもって、庭の菊の枝(茎)をチョキンチョキンと数本切ってきて、少し大きめの花瓶に活けてみました。寒々としたぼくの部屋にも花をと、したら、ぼくの家人からこの一撃、「ばっかじゃないの、こんなにカタイつぼみの菊を切ってきて、どうしようっていうの、花瓶の中では咲かないわよ、蕾はつぼみ、だれかさんとおんなじ、ツボミのまんま」

うっ、ほんと、水をやっても、陽に当てても、どうやっても咲かないの?  「そう、間違いない、わたしが言うんだから、たぶん」よし、そんなに言うなら、絶対咲かせてやる、毎日水はやる、陽にも当ててあげる、なん日に一回かは茎の根元をカットし、水を吸い上げやすいようしてあげる、だから咲いてね、咲かせてね、お願いおてんとう様。      10/20きょうの、ツボミ→


『小さいことにくよくよするな!』 
●078● 気を抜くこともたいせつだ
100%できる人なんていやしない。大切なのは、自分がやれるだけのことをやっていて、それが正しい方向に動いているということなのだ。客観性を失わず、自分にやさしくすることを忘れなければ、たとえ失敗ばかりしでかすとしても、たいていは幸せな人生を送れるだろう。

自分にやさしくできれば 前より もっとリラックスできる(手を抜くということではない)、ほかの人にもやさしくできる、前にもまして 穏やかで愛情深い人になれる。
たまには気を抜こう、失敗はつきものだ、完璧なひとなんていないんだ、と自覚できれば、あしたはもっと良くなる、と。
最後に、作者のお気に入り、そして引用している本のタイトル、

『私はOKじゃない、あなたもOKじゃない、それでOK 』


小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと
小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと
| 実践記 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
『小さいことにくよくよするな!』 悪戦苦闘・ぼくの実践記・その二
小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと
小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと

●002● 完璧な人なんて、つまらない
人は現状に満足して感謝するかわりに、なにかと欠点をほじくり出して 無理やり直そうとする。欠点ばかり気にしていると、不満だけがふくらんでいく。

以前のぼくは、人生の悪いところばかり考えて、文字通り悪戦苦闘していました。
どうしてつぶれてしまうような会社の連帯保証人なんかになってしまったんだろう、どうして出来もしない新事業に借金をしてまで手を出してしまったんだろう、どうしてアイツはぼくを裏切って逃げてしまったんだろう、どうしてぼくだけに厄介な問題が次から次へと起こるのだろう、どうしてぼくにだけ、どうして。

不満だらけのぼく、いいことなんてなにひとつない、そう思い始めていました。

解決策はこうだ。
こんなはずじゃない、もっとよくなるはずだと思い込む いつものパターンに落ち込んだら、いまのままの自分でいいんだと 心の中で言いきかせること。批判をやめれば、すべてはうまくいく。


そうだよね、完璧な人などどこにもいない、どんな人だって失敗はする、やれるだけのことはやったのだから失敗したらまたそこから始めればいいんだ、いまのままの自分でいいんだ。いまを楽しめないなんて、間違ってる。
がんばる、けど、完璧に、などとはもう思い込まない。


PS:愛するぼくの家人「くよくよ考えたって、なーんも始まんないのよ。反省だけなら、サルでもする。(古っ!) しっかり働きなさい、老後のためにもさ」
くよくよするな、くよくよしてもしょうがない、昔からよく言ってた。
聞き流していた、ぼく。

| 実践記 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
『小さいことにくよくよするな!』 悪戦苦闘・ぼくの実践記・その一
小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと
小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと

●001● 小さいことにくよくよするな!
私たちは 少し頭を冷やせばなんなく解決することに、つい大騒ぎしがちだ。ちょっとした問題や細かい心配事に いちいち過剰反応してしまう。

「頼んでおいた企画書のコピー、10部取ってくれた、まだ?って、腹立つなあ、言われたことはちゃんとやれよ、まったくイラつく」
「クソッ!なんでこんなに渋滞するんだよ、民営化したっていうのに、遅れちまうよ、料金払わないからな、グレてやる、路肩走ってやる」

少し前のぼくはこうでした、一事が万事、日常起こる「小さなこと」に、過剰に反応していたようです。せっせとイライラを貯え(つのらせ)、ストレスという高い利息を受け取っていたようです。今のぼくなら、こんなふうに対応できます。

「コピーできてない?そうか、君も忙しいんだ。じゃあぼくがやっておくから、いいよ」
頼まれた相手にもきっと何かの理由があるはず、そこを気遣ってやる、と、どうなる?たぶん、きっと、「すみません、すぐにやりますから」とこうなるはず。
でも「だったら最初から自分でやっくださいよ」と逆ギレされたら・・・こう考えましょう。

そんなやつに頼んだ自分が悪い、他人に依存するから、自分の思い通りにならないからムカムカするんだ、と。そんな時はさっさと自分でかたづけてしまいましょうよ。
上司のオレが?・・・そんな小さなプライドは、可燃ごみと一緒に捨ててしまいましょ。


クルマも、同じことです。
渋滞につかまった、時間に遅れそう、事故に遭遇した、それもこれも車で行くと決断した自分のせいです。なにかに八つ当たりするたび、イライラが増幅していきます。そんな時は『涙(なだ)そうそう』でも聴きながら、小さいことにくよくよするな、と穏やかにやりすごしましょうよ。それができないのなら、ぼくと同じように電車にしましょう。お気に入りの文庫本でも開いて、ゆったりと・・・ほらラクちんでしょ、ね。

「小さいことにくよくよする」ことに生命力を使いはたし、人生の楽しみに気づかない人がどんなに多いことか。
そのコツさえ身につければ、人に もっとやさしくすると同時に、寛容になれるエネルギーが増大することに気づくだろう。



PS:愛する奥様へ、どうかぼくのすること、あれやこれや、今以上に過剰反応しないでくださいね、ぼくは完璧な人にはなれないのですから、あれやこれや小さいことにうじうじしてるのはアンタだろうって、はい、ぼくです。
でもって、実践記その二、明日は ●002● 完璧な人なんて、つまらない


| 実践記 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP